HOME>オススメ情報>専門の業者に頼まなければ難しい場合もある
ピアノを弾く

専門業者に頼む意味

楽器店はもちろん、最近ではリサイクルショップでも楽器の買取っていると宣伝しているところが多いです。しかし、それらに売れる楽器は、持ち運びできるものに限られているケースがほとんどなので注意しましょう。したがって、自身で持ち運ぶことが難しい自宅にあるピアノは、楽器店やリサイクルショップでは売却することができないと考えたほうがよいです。もしも、ピアノを手放したいと考えているのなら、ピアノを専門とする業者の利用をおすすめします。そちらならば、ピアノを買取るノウハウを持っていて、かなり大きなものだとしても問題なく売れるため、とりあえずでも連絡してみましょう。

まずは査定をしてもらう

ピアノを売りたいと考えた場合は、まずは査定をしてもらうために、実物を自宅まで見にきてもらいましょう。申し込めば鑑定できるスタッフがきてくれて、その場でいくらになりそうなのか教えてくれます。もちろん、その場で鑑定してくれたからといって、その場で買取ってもらう契約をする必要はありません。ピアノは価値が高い楽器なので、多くの専門業者を自宅に呼んで、もっとも高い買取金額を提示してくれたところに売ることをおすすめします。

もちろん持っていってもらえる

ピアノを買取ってもらう契約をすると、あとは自宅から持っていってもらう日時を決めることになります。そこそこ大変な作業になりますが売主は何もせずとも大丈夫なので、立ち会いをするだけです。クレーンを使うなどの大きな作業を行う可能性もあるので、騒音が心配ならば、作業があることを近所の方に事前に伝えておくのもよいでしょう。なお、多くの場合は無料ですが、一応契約するまえに運搬料についても質問をしておきましょう。

広告募集中